[wakazono familyトップページへ]

幾重にも自由を奪われた君へ


 私の妻(眞子)は、6年前の平成14年8月13日交通事故により頚髄を損傷し、四肢麻痺などの重い障害を背負う身となりました。
 8月21日に東京 お茶の水S病院にて手術をし、その後2回の転院を経て、リハビリのため神奈川リハビリテーション病院(神奈リハ)に入院しました。
 これらは、神奈リハに入院中の妻に向け送ったはがき達です。

2008年10月6日


前へ

次へ

h140902.jpg
h141002
h141010.jpg
h141010
h141010a.jpg h141010b.jpg h141012.jpg
h141012
h141013.jpg
h141013
h141014.jpg
h141014
h141015.jpg
h141015
h141016.jpg
h141016
h141017.jpg
h141017
h141018.jpg
h141018
h141019.jpg
h141019
h141020.jpg
h141020
h141022.jpg
h141022
h141024.jpg
h141024
h141024a.jpg
h141024
h141026.jpg
h141026
h141027.jpg
h141027
h141028.jpg
h141028
h141029.jpg
h141029
h141031.jpg
h141031
h141103.jpg
h141103
h141103a.jpg
h141103
h141201.jpg
h141201
h150131.jpg
h150131
h150202.jpg
h150202
あとがき
h201010

Created by IrfanView