[wakazono familyトップページへ]

涙と痛みは東の岸へ置いていこう

 私の妻(眞子)は、交通事故により頚髄を損傷し、四肢麻痺などの重い障害を背負う身となりました。
 手術をし、その後2回の転院を経て、家庭に復帰するため神奈川リハビリテーション病院に五ヶ月ほど入院し自宅に戻りました。
 順調にリハビリが進んだかのように見えましたが、新たに疼痛が現れ妻を苦しめることになりました。
 更に、その痛みについて医師や理学療法士に理解されず、孤独に痛みと戦う日々が1年半ほど続きました。幸い友人の紹介で、痛みについて理解と知識のある藤田保健衛生大学病院の才藤栄一先生と出会うことができ、平成16年9月13日から痛みのコントロールを目的に入院し、それ以後リハビリも進みました。
 これらは、そのころ妻を励ますために書いたはがき達です。

2009年1月24日


h160531.jpg
h160531.jpg
36.84 KB
h160708.jpg
h160708.jpg
31.31 KB
h160718.jpg
h160718.jpg
47.45 KB
h160718c.jpg
h160718c.jpg
38.59 KB
h160718o.jpg
h160718o.jpg
31.15 KB
h160910.jpg
h160910.jpg
40.72 KB
h160918.jpg
h160918.jpg
50.93 KB
h160919.jpg
h160919.jpg
46.89 KB
h160920.jpg
h160920.jpg
50.85 KB
h160923.jpg
h160923.jpg
36.27 KB
h160927.jpg
h160927.jpg
45.89 KB
h160927a.jpg
h160927a.jpg
47.19 KB
h161003.jpg
h161003.jpg
33.90 KB
h161007.jpg
h161007.jpg
34.44 KB
h161009.jpg
h161009.jpg
44.75 KB
h161009a.jpg
h161009a.jpg
34.69 KB
h161010.jpg
h161010.jpg
32.06 KB

Created by IrfanView