[wakazono familyトップページへ]


痛み医療に対する国家的取り組みを

 我国の脊髄損傷後疼痛など原因不明の痛みに対する医療は、 諸外国にくらべ随分、遅れていると感じます。

 アメリカでは、2001年以降の10年間を 「痛みの10年」とすることが定められ、 「痛み」の治療を受けることは患者の権利であり、 「痛み」を治療することは 医療者の義務であることが確認されています。

 また、日本以外の多くの国では、日本のペインクリニックとは次元の違う、 各科が連携して治療にあたる「学際的痛みセンター」が設けられ、難治性の痛みを抱える患者さんの痛みの緩和と、生活の質の向上に取り組んでいると聞きます。

 我国の現状は、痛みに対する研究自体は進んでいるようですが、 一般の医療関係者には伝わらず、 不適切な対応をしている場合が多いと感じています。

 原因の分からない疼痛をもった患者さんの多くは、 心の問題とか、我慢が足りないとか、 しかたがないとか言われ「痛み難民」と 化しているのではないでしょうか。
 また、「痛み」医療の遅れは、医療費の増大、介護の負担増、労働力の減少など、国家的な経済損失にも繋がっているという意見もあります。

 難治性疼痛を抱える患者さん同士が協力して 「痛み」への国家的対策の必要性を訴えていきましょう。

ご連絡はこちらへ


【リンク】

加茂整形外科医院
  今、痛みはD

心と体の痛みのお部屋 管理人エリーの日記
  日本にも学際的痛みセンターを作ろう。その1

愛知医科大学痛み学講座

トリガーポイント研究所
脊髄損傷後疼痛について
はじめに

この「痛み」の名前

この「痛み」の病名と原因

痛みの大きさ

痛み医療に対する国家的取り組みを

朝日新聞 患者を生きる

リンク



「主な痛みの概要 平成16年8月6日現在」

失われた1年半 痛みとの闘い、更に無理解との闘い

痛みと折り合いをつける

痛みの管理


ご連絡はこちらへ

以下作成中


作成日2009年10月21日(水曜日)
最終更新日2009年11月6日

 [wakazono familyトップページへ]