Roger Sheringham and the Vane Mystery
ロジャー・シェリンガムとヴェインの謎

晶文社(武藤 崇恵 訳)

<あらすじ>

 名探偵(迷探偵?)ロジャー・シェリンガムは、ラドマス湾で起きたヴェイン婦人の転落死事件の取材を依頼され、現地へ向かった。断崖の下で発券された女性の死体は、当初、散歩中に誤って転落したものと見られていたが、その手が握りしめていたボタンから、俄然殺人事件の疑いが浮上してきたのだ!

<コメント> (2004/10/23執筆)

 あれだけ事件を引っかき回して、結局真相はそれかよ(。ヘ°)と、つっこみたくなる作品ですが、ロジャー・シェリンガムの迷探偵ぶりは相変わらずです。とにかく、この作品のポイントは最後の一文ですね。最後の一文! まあ、ちょっと甘いけど星4つ★★★★